インタビュー

TOP > 採用情報 > インタビュー

総料理 萩野谷 瞬

・一歩一歩の強み
以前はミシュランガイドで星を獲得するような寿司屋さんや和食店にいましたが、正直料理のクオリティは負けてないと思います。しかも様々なジャンルのお店があるので、当社で一通りの和食・寿司の技術が身に付けられると思います。

・教育で大切にしていること
僕は今 寿司店「にぎりの一歩」にいますので、寿司を握れるようになりたい人にはとことん付き合う事を約束します。空いた時間に余ったごはんを使って握り方を教えたり、仕込みの時には包丁の使い方から教えます!

<皆様へ>
料理が作れるだけの人になってほしくないんです。なので、入社後は社会人として大切な事、会社の事、掃除の大切さなど基礎から始めようと思っています。一歩一歩に入社する前に、これらの事を叩き込まれてきたのですが、今になって本当に役に立ってるんです。愛される料理人を目指しませんか。

・入社した理由
私は21才の時にアルバイトとして入社しました。それまで色々な飲食店で経験をしてきましたが、こんなにも誰に対しても親身になってくれて、本気で人の事を気にかけてくれる温かい会社は一歩一歩が初めてだったため、正社員として働く事にしました!

・一歩一歩の社風は??
アルバイトを続ける中で今までとは違う、ただお金を稼ぎに行くという概念から、お客様に、スタッフに会いに行くという風に働く上での考え方が変わってきたのもこの頃で、先輩に怒られた時、ミスをしてしまった時、落ち込むだけではなく、悔しさを持ちやりきる事を教えてくれた先輩がいて、それがいつしか自分自身のやりがいになっていき、社員になり、教える立場になったとき、人としての大切にしていかなければいけない所が沢山見えてきて、自分自身がスキルだけでなく、人として日々成長できる場所が一歩一歩です。

<皆様へ>
人の笑顔を見ることが好き方、喜んでもらうことが好きな方、是非、お待ちしています。今、自分に夢がなかったり、何をしたいかわからない方。下町あふれるお客様とスタッフと、働くことで、自分の目指したい道を一歩一歩で私たちと一緒に見つけていきましょう。

人事部 長谷口 美寿々

てまえの一歩
店長 松川 大二郎

・入社した理由
大学の学生時代から居酒屋さんでアルバイトしていました。そのとき教職もとっており、将来教師になりたいと漠然と思っていた中、学生時代の居酒屋で働く楽しさを忘れられず、そのまま飲食の道に入りました。
飲食の社員として過ごしている中で、自分の店を持ちたいと思うようになり、料理を勉強したいと考えるようになりました。
面接を受ける前に、「本店炉端焼き一歩一歩」に食事に行き、どの料理を食べてもおいしく、スタッフさんの対応にも感動したのを今でも覚えています。
一歩一歩では手作り料理にこだわっており、料理をするのはまず出汁をひくことからはじまるという、料理を基礎から学べる環境で仕事をしたいという思いで入社を決意しました。
・忘れられないエピソード
入社してから初めて配属された店舗が「歩きはじめ」というカウンター8席とテーブル席が12席という小さな和食屋さんでした。カウンターのお客様と近くでコミュニケーションをとりながら目の前でお料理を作るという、料理がほぼ未経験な私には非常にチャレンジングな現場でした。
当時の店長から和食屋の遊び心的な一品である餡かけチャーハンをお客様に出せるクオリティーになるまで練習しろ!というミッションを与えられました。
賄いのときなど暇があればチャーハンを作っていました。味や盛り付け、スピードはもちろん、作っているときにおどおどしていると美味しいものも美味しくならないということ。料理人の料理に対する姿勢を学ぶことが出来ました。
初めてお客様にお出しして美味しいと言っていただいたとき、心でガッツポーズがでてしまうほど
「餡かけチャーハン」は僕の忘れられない料理の原点になりました。
<皆様へ>
一歩一歩では一人一人のvisionに添ったキャリアを応援する風土があります。店長になりたい人も、独立したい人も、料理を一から勉強したい人も、オリジナルドリンクを開発したい人も、自らの行動でいくらでも可能性が広がっていきます。何か一つ殻を破りたい人、ぜひ一歩一歩で挑戦してみてください!